professional education

活用する

利用する方法は、支援を行う事業者や勤務している会社の制度の活用です。

ワーキングホリデーを利用する方法は、手続きなどは自身で行うことが難しいため、支援を行ってくれる民間企業や団体、専門学校に登録してサポートを受けるケースが多いです。最近は一般の企業でも自社の社員をワーキングホリデーに参加させる場合も増えているので、活用するとよく、費用も負担してくれることが多いです。一般的に費用は、それぞれの支援を行ってくれる事業者によって異なりますが、ワーキングホリデーの利用者が増えていることや異業種からの事業者の参入が相次いでいることから価格は抑えられている傾向にあります。しかしながらワーキングホリデーで現地の生活費として準備する費用は、どの事業者でも一緒で100万円を目安に推奨しています。

働きながら勉強できるので、生活費を抑えることができます。

ワーキングホリデーが人気の理由として働きながら英語を学ぶことができるため、留学に比べて現地での生活費などの費用を抑えることができることです。ワーキングホリデーは就労ビザを取得して、その国の文化や習慣を現地の青少年との交流を通して学ぶことを目的としているので、現地で行える自由の幅が広いので様々な体験を経験することができるとして利用者は年々増加傾向にあります。特に就労ビザがあるので働けることのメリットが大きく、アルバイトから会社員として働くことができます。最近増えているのが、ワーキングホリデーを活用して働きながら現地の企業でキャリアを積み、ワーキングホリデーが終えた後は、そのまま就職すると言う方も少なくないです。