professional education

予算と就労ビザ

できるだけ現地で生活費を稼ぐ方法

生きた言語を習得するためには、日常的にその言語を聞き、会話する必要があります。教科書や学校だけでは「生」の言葉を覚える事ができないのです。特に急ぎで他国の言語を習得したい場合、海外に出向いて、外国語が使えなければ困るような状況に身をおきましょう。そうした方のために、近年ではワーキングホリデー制度が存在しています。ワーキングホリデーを使って海外に出向いた場合、現地で生活費などを自ら稼ぐ事が可能です。一方ワーキングホリデーで目的の国に行く場合、まずはビザの申請を行なったり、保険に加入する必要があります。オーストラリアに一年間ワーキングホリデー留学する場合、費用は合計で約100万円ほどかかると言われていますので、念頭に置いておきましょう。ワーキングホリデーと言う制度を有効に使う場合、現地で就職できる外国人向けの職場をあらかじめ調べておくと良いでしょう。

ワーキングホリデーにかかる費用とは何か

現在ワーキングホリデーで日本人の私達が足を運べる国は多様に存在しています。ヨーロッパだけでなく、アジアも用意されていますので、自分が習得したい言語に合わせて国を定めるようにしましょう。もちろん、ワーキングホリデーは現地で語学学校に通う事も許されていますので、渡航前に入学手続きを済ませておくと良いでしょう。語学学校への入学金もあわせて、一年間カナダに留学する場合、年間200万円ほどの費用がかかるのが一般的です。毎月現地のアルバイトで12万円働いた場合、年間96万円の費用を稼ぎ出す事ができますので、事前に用意しておくべき費用は104万円です。ワーキングホリデー制度を利用すれば、約100万円の事前費用が浮く事が分かります。